環境への取り組み

トップページ > 環境への取り組み

北海道環境マネジメントシステムスタンダード

当社はHES環境改善活動を通して
北海道の自然を次の世代に引き継いでいきます

道央衛生は、この恵まれた大地である北海道の自然を次の世代に引き継ぐべく、企業活動と環境の両立に取り組み、環境負荷を可能な限り低減するため環境改善活動を継続していきます。

●2008年(平成20年)9月25日
HES 北海道環境マネジメントシステムスタンダード 産業廃棄物処理業者用システム規格認証登録
登録番号 HESW:0002  有効期間 2017年9月24日
●2008年(平成20年)9月25日
エコアクション21 HES登録により相互認証取得
有効期限:2017年(平成29年)
●2009年(平成21年)5月11日
北海道グリーン・ビズ認定制度「優秀な取組部門」登録
登録番号 E0077-3 登録区分 ランク☆☆☆

道央衛生の環境に関する基本方針、環境活動レポートをpdfファイルでご覧いただけます。

地域の環境活動への参加(2016年度)

  • ・2016/5/21 江別工業団地クリーンアップ清掃活動参加
    人員3名、車輌1台貸出
  • ・2016/9/3 江別市八幡8号道路清掃実施 江別市クリーンセンターへ通じる道路の清掃を行った。
  • ・2017/1月 江別市民憲章緑化募金への協力

社内活動

HES環境改善活動では年度別の目標を次のように定め、すべての業務における環境負荷を低減する様、従業員一人一人が自覚を持って行動します。

項目 基準年度 環境目標
2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
省エネルギー
【責任者】
横山 民子
事務所系電力

19,734kWh/年
基準年度から1.0%削減する。
・常用器具を段階的にLED照明にする。
19,537kWh/年
基準年度から1.0%削減する。
・常用器具を段階的にLED照明にする。
19,537kWh/年
基準年度から2.0%削減する。
・常用器具を段階的にLED照明にする。
19,537kWh/年
省エネルギー
【責任者】
横山 民子
灯油使用量

4,791 L/年
基準年度から1.0%削減する。
4,743 L/年
基準年度から1.0%削減する。
4,743 L/年
基準年度から1.0%削減する。
4,743 L/年
自動車燃料の削減
【責任者】
高橋 克好
軽油ガソリン使用量合計
279.6 L/百万円
基準年度から0.5%削減する。
278.2 L/百万円
基準年度から1.0%削減する。
276.8 L/百万円
基準年度から1.5%削減する。
275.4 L/百万円
節水対策
【責任者】
植村 信雄
水使用量
15.7m3/百万円
基準年度から1.0%削減する。
15.5m3/百万円
基準年度から1.0%削減する。
15.5m3/百万円
基準年度から1.0%削減する。
15.5m3/百万円

※組織変更による事務所増設予定のため目標変更

燃料対策

弊社における環境負荷の内、CO2排出量に占める自動車燃料の割合は92.1%となっており、ほとんどが業務用の車輌における軽油とガソリンの使用となっております。このため、環境改善活動の重点はおのずと燃料対策となっており、今年度の具体的な手順は次の通りです。

■アイドリングストップの実施
・夏季の車輌点検の際のエンジン始動は、PTO及びスイッチ類の点検時のみとする。
・ごみ処理場の計量場が混雑している場合はエンジンを停止する。
・車両を離れるときは短時間でも必ずエンジンを切る。
・信号停車、踏切待ち、渋滞停車時では、他の車の通行の妨げになる場合や坂道など危険が伴う場合を除いてエンジンを切る。
・夏場の暖気運転はしない。冬場は5分とする。
・作業車輌では、作業が行われていない時はエンジンを停止する。
・要件先での短時間停車でも必ずエンジンを切る。
■エコドライブの徹底
■法定速度の順守
■回収ルート、顧客訪問は計画を立て効率的に廻る
■冷房は必要最小限にし、こまめに温度調節を行う

業務車両には環境マネジメントシステム認証取得のステッカーとともにCO2削減運動のオリジナルステッカーを貼り、常にエコドライブに心がけ自覚を持って運転にあたっています。また、通勤に使用している個人の車輌にも自由参加ですがステッカーを貼ってもらい、自動車燃料の削減に公私とも取組んでいます。
 北海道は「北海道洞爺湖サミット」を機に「北海道環境宣言」を制定しました。道央衛生はこの趣旨に従い、従業員が家庭内で環境にやさしい考えや行動を実践できるよう「マイ行動メニュー」を紹介し、朝礼などで取組の具体的事項を各家庭で実践していくよう薦めています。

このページの先頭へ戻る